サッカープログラム 9月第1週目「周りをよく見る」~視野を広げて動いてみよう~


サッカーができる放課後デイサービス エスペランサNEXTです!
9月第1週目は、周りの状況を見て味方にパスするのか、ドリブルするのか?を判断する練習をしていきます。周りの動きを見ることはとても大切ですが、初めからボールを見ないでパスやドリブルをするのは難しいことです。まずは、ボールを扱わずに落ち着いてまわりを確認することから始め、次にパスやドリブルを加えながら、難易度を少しずつあげていきます!


テーマ「周りをよく見る動き」
~視野を広げて動いてみよう~

➀マーカーの色を見てダッシュ!

1.走るコースに並ぶ。
2.コースの途中に分岐点をつくり、指導者が見せた色に向かってダッシュする。
3.最初はボールを使わないで走るが、途中からドリブルを加えて行う。
4.繰り返し行う。
ポイント:しっかり色を見ることをする。

指導者が見せる色を確認するため、下を向いたまま走らないようにする。
「動きの判断」をトレーニングする。

➁仲間を探してパスしよう

1.3チームつくりパス回しゲームをする。決められたエリア内で行う。
2.ボールを取りに行くチームは毎回1チームで、指導者が選択した色のチームがボールを取りに行く。
3.その他2チームは協力してパス回しをする。
4.繰り返し行う。
ポイント:パス回しするチームが毎回変わるため、協力してパス回しするチームの色を覚えないといけない。

また、ボールを取りに来るチームがいるので、焦らず丁寧なパスができるとよい。
「視野」と「状況判断」をトレーニングする。 

➂試合

チームでパス回しをできているか確認します。
周りをみて動けている様子も確認します。
プログラムの総まとめとなります。

サッカーは状況判断のスポーツとも言われています。目で見たものを判断して、動くことは実生活にもとても大切なことなのでサッカーを通して楽しんで学んでもらえたらと思います!