9月第3週目 サッカープログラム 「ボールをはなしたら、すぐ走ってみよう」  ~ボールを持っていないときにたくさん動こう~


サッカーができる放課後デイサービス エスペランサNEXTです!
9月第3週目は、ボールを持っていない時にしっかり動く・走る練習です。サッカーでは、ボール持っていない場面が非常に重要です!プログラムでは、ハンドキャッチからはじめて、渡したらすぐに走ることを学んでいきます。そして、シュートしやすい場所に向かって走ることを意識してもらい、パスを受けたらゴールを狙うところまで持っていきます。

➀ムカデボールわたし


1. スタートラインに一列に並ぶ。列の一番後ろがボールを持ち、スタートする。
2. ボールを自分の前の人に渡したら、列の先頭に走って並ぶ。
3. 繰り返し行ってゴールラインを目指す。
4. ボールを渡すときは手渡しできる距離で行う。

 ポイント:ボールを落とさず渡すこと、走って列の先頭に並ぶことが大事。
「ボールコントロール」「ダッシュ」をトレーニングする。

➁パスから好きなエリアでシュート


1 コーチにパスを出し、ゴール前につくってある4つのエリアの好きなところにすぐに走って入る
2 エリアの中でトラップしてシュートを打つ。
3 繰り返し行う。


ポイント:パスした後にすぐ走ること。
シュートしやすいエリアを選択すること。
「状況判断」と「動き出し」をトレーニングする。 

➂試合

パス後の動き出しや、エリアの使い方を見ます。
プログラムの総まとめとなります。


走ることが少し遅くても、タイミングよく動けたり、良いスペースに動けたりすると、シュ
ートチャンスが生まれます!子どもたちがそれぞれの自分の特性を生かして、楽し
んで参加してくれると嬉しいです!!