10月第4週目のサッカープログラム「ペアでパスチャレンジ」  ~協力して楽しもう~

サッカーができる放課後デイサービス エスペランサNEXTです!

10月第4週目は、パスの練習です。ドリブルは一人でできますが、パスは相手がいないとできません。ペアの組み方も工夫しながら、みんなが楽しく練習に取り組めるように工夫していきます。蹴る方向や回数を難しくしてゆきながら、最後には、ディフェンスを入れて、ステップアップしていきます。

①協力パストレーニング

  1. ペアで対面して距離を取る。
  2. 間にコーンを2つ、間隔をあけて置く。
  3. コーンの間にボールを通過させてパスをする。
  4. コーチからの回数の指示や、蹴るところの指示に対応してパスをペアでする。
  5. 繰り返し行う。

ポイント:コーンの間をうまくパスで通すために、蹴る前によくパスコースを確認すること。ペアで行なうため、パスの強さを考えてみる。 

②鬼からボールを守れ

  1. 決められたエリアの中で、ペアでボール一個保持する。
  2. 鬼がボールを取りに来るのでボールを取られないようにパスをしながら逃げる。
  3. 条件としてボールのタッチ制限をつける。
  4. 時間で繰り返し行う。

ポイント:タッチ制限があるので、余裕をもってパスをする。エリアから出ないように、周りの人とぶつからないように周りを見ること。

③試合

パスの頻度や、チームで協力できているかチェックします。プログラムの総まとめになります。

前回までは、ドリブルを練習してきました。ドリブルだけの時よりも、周りをよく見たり、声をかけ合ったりすることが必要になります。これが絶対正解!というプレーはありません。状況に応じて、子どもたちの発想や、チャレンジを大切にしながら、楽しくプログラムを行なっています!どんなチャレンジを見せてくれるか楽しみです!