11月第2週目のサッカープログラム「色や方向を考えてみよう!」~判断の速さが大事~

11月第2週目のサッカープログラムは、コーチの指示をよく聞いて素早く判断する練習です。そして、判断したら、素早く行動に移します!!慌てすぎは失敗のもと!もちろん、もともと足の速い子もいれば遅い子もいます。そのため、できる限りうまくグループ分けをして、子どものモチベーチョンを引き出しながら、楽しく行っていきます。

 

①エリアをみつけてダッシュ

  1. 中心の点を囲むようにいくつかエリアがある。
  2. エリアに入れる人数は決まっており、全員で中央から合図とともに空いているエリアに向かってダッシュする。
  3. コーチにタッチされないようにダッシュする。
  4. 繰り返し行う。

ポイント:エリアに入れる人数が決まっているので、空いているエリアをみつける。

コーチが追いかけてくるので、とっさの判断が大事になる。

 

②ゴール(本物ゴール)にシュート、コーンのゴール(見立てたゴール)にドリブル

  1. コーンとゴールを使って、いくつか目的を分ける。
  2. 1対1か2対2でゴールを取りに行く。
  3. ボールが出たらコーチが指定したゴールまたは、コーンに向かって目的を果たす。
  4. 繰り返し行う。

ポイント:相手がいるので、焦らずにプレーする。ゴールが目的なので、周りをよく見て考える。

 

③試合

目的のゴールを確認できているか、スペースを使えているか確認します。

プログラムの総まとめになります。

 

指示を聞くのが得意でない子は多いですが、わかりやすくお手本を見せながら、楽しく教えていきます。エスペランサでは、始まりのお約束ごとの確認やプログラムを説明する際、子どもたちに座ってもらい集中できるようにしています。この4月以降入ってきたお友達もこのような取り組みにずいぶんと慣れてきました。これからの子どもたちの成長が、ますます楽しみです!!