2月第4週目のサッカープログラム「パスをしよう」~テンポよくパスしてみよう~

2月第4週目のサッカープログラムはパスの基本と応用です。基本練習では、出す相手は3人と決まっているので、しっかりコントロールすることと、できればテンポよくこなしていくことが大事になります。先週行った的当てやボール当てを思い出して丁寧なパスを心がけましょう。応用練習では、ビブスの色で瞬時にだれにパスを出すべきか判断する練習です!落ち着いて取り組みましょう!!

 

 

① ウォームアップ

怪我の防止や、運動能力向上のために行います。

 

 

② 三角パス

  1. 4人1組になる。3人で3角形をつくり1人を囲む。
  2. 真ん中の1人がボールを3人に順番にパスを回す。
  3. 3人パスができたら、真ん中の1人を順番に交換する。
  4. 繰り返し行う。
  5. 慣れてきたら、制限時間を決めて行う。

ポイント:パスのスピードとコントロールが大事になる。テンポよくパスをすることで、全体のスピードも上がる。

 

 

③ みんなでパス回し(同じ色にパス禁止ルール)

  1. ビブスで均等に分かれる。エリアを決めてみんなでパス回しをする。
  2. パス回しの条件として、パスをもらったビブスの色にはパスを出さない条件でパス回しする。
  3. 制限時間までパス回しをする。

ポイント:周りをよく見ること。ビブスの色を覚えておく。パスを出すときは名前(色)を呼んであげる。

 

 

④ 試合

プログラムの総まとめになります。

 

 

先週に引き続き、サッカービンゴの説明をしたいと思います。サッカービンゴの一番下段、「ゴールできた」では、実際にゴールした時には、みんな張り切って見せに来ます。ビンゴのおかげか?積極的にドリブルをするお友達も増えてきました。そして、もちろん「カードはなし!!」を目指しましょう。やっぱり「ゴールできた」に丸がつくのは、みんな本当に嬉しそうです。これからも、このサッカービンゴなどをはじめとして、こども達とのコミュニケーションを大事にしたサッカープログラムを続けていきます!!