3月第2週目のサッカープログラム「スローインとトラップ」~サッカールールの第一歩~

こんにちは!

サッカーができる放課後デイ“エスペランサNEXT”です!!

3月第2週目のサッカープログラムは、試合中にタッチラインから、ボールが出てしまった時のスローインを練習します。投げる時の足の位置に注意して行います。基本の投げ方を、覚えていきましょう。そしてもう一つ、スローインで受けたボールをトラップする練習も行います。まずは、お友達どうしトラップしやすいスローインができるように、頑張りましょう!!

 

 

① ウォームアップ

怪我の防止や、運動能力向上のために行います。

 

 

② スローインキャッチボール

  1. ペアになり、ある程度の距離を保つ。
  2. スローインでペアにバウンドパスをする。
  3. 両足をそろえて行うものと、両足をそろえないものを2つ行う。

ポイント:必ず頭の上を通すこと。両足を地面から離さない。両手で投げる。体を斜めに傾けたり、ひねった状態で投げることはしない。

 

 

③ スローイン・トラップシュート

  1. シュートの役割と、スローインの役割を交互に行う。
  2. シュートする人はゴール前に立ち、スローインの人はサイドラインに準備する。
  3. スローインの人がシュートの人にパス、トラップしてシュートする。
  4. 繰り返し行う。

ポイント:スローインの人はシュートの人がトラップしやすいボールを投げる。シュートの人はトラップに集中する。

 

 

④試合

プログラムの総まとめになります。

 

 

新型コロナウイルスへの対応で、社会情勢としては、各種スポーツイベントも自粛されています。エスペランサNEXTでも、最大限の注意をはらいながらプログラムを行なっていきます。また、ノート記入を取りやめて、お片づけをみんなでしっかり行い、ボールを必要な時にのみ出すようにしましたが、思いのほか子どもたちは新しい約束事を守ってくれています。サッカープログラには、集中して楽しんでもらい、メリハリをつけていきたいと思います!!